アトピーや掌蹠膿疱症は必ず治る!原因と自分でできる根本治療

はじめに

当サイトでは長年に渡り、アトピーに苦しんできた管理人が
アトピー完治させた具体的な方法をご紹介しています。

 

もちろん、抗ヒスタミン剤やステロイドなどの薬に頼るものではなく、
目指したのは、病院や薬に頼らない根本的な治療です。

 

根本治療でなければ完治はあり得ません。

 

できるだけ難しい専門用語などは避けて、どなたにもわかりやすいよう努めて記述しますが、治るメカニズムなど知るべきことは記述、解説しています。

 

アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のどちらにも効果のある内容です。
掌蹠膿疱症は、女優の奈美悦子さんが長年苦しんだ病気で、当時は難病という位置づけでした。

 

現在、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症は、代謝異常と免疫異常が原因で引き起こされることが分かっており、アトピー性皮膚炎と掌蹠膿疱症は、発症する原因が非常に良く似ているため、深く関係あると考えられています。

 

アトピー性皮膚炎と、初期の掌蹠膿疱症は、痒みなど似た症状で、私は掌蹠膿疱症を併発している事に気づきませんでした。
今も多くの方が掌蹠膿疱症を発症しているにもかかわらず、アトピーだと思っているのではないでしょうか?

 

掌蹠膿疱症は、放っておくと掌蹠膿疱症性骨膜炎により、日常生活が困難になるほどの痛みや、骨の形成異常などの症状が出て、車椅子が必要になることもあるそうです。

 

女優の奈美悦子さんは、手の平に水疱が現れて1ヵ月足らずで、ナイフで刺されるような骨の痛み、歩けない、寝返りがうてないほどの激痛に症状が進行していったそうです。
残念ながらこの症状に苦しみ、これまで多くの方が自殺を考えたり実際に命を絶たれた方も少なくないそうです。

 

このようにアトピー性皮膚炎は、単なる皮膚疾患で済まされることではないのです。
様々な病気の引き金になり、早く完治させることはとても重要です。

 

アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症は、必ず治ります。

 

アトピーの人は、併発している可能性があるので、一度確認してみると良いかもしれません。
手の平足の裏左右対称性に膿疱(水疱)、赤い斑点激しい痒みカサカサしていて破れる
こんな症状なら怪しいです。

▲掌蹠膿疱症 初期症状はこんな感じ
(これは私の掌蹠膿疱症)
掌蹠膿疱症 症状の経過を見る

 

当サイトは、あくまでも私が行った方法でアトピー、掌蹠膿疱症が完治した体験や独自に調べた内容をお話しているものであり、現在の医学を否定するものではありません。
また、別の方法でアトピー、掌蹠膿疱症の完治に至った方の方法を否定するものでもありません。

私について

幼少の頃から軽度のアトピーで、その後も良くも悪くもならず、社会人になってからは指先がぐちゃぐちゃになるほどひどくなりました。

 

そして結婚を機に一気にアトピーは悪化し、全身の湿疹に加え、目(まぶた)が腫れるようになりました。
このまぶたの腫れる症状が一番辛かったですね・・・。外に出るのが本当に嫌でしたから・・・。

 

顔もパンパンに腫れて、真っ赤っか・・・。しわしわでおばあちゃんみたい。
つっぱてる違和感やほてりも本当に辛く、体もだるくて1日中横になっている日も多かったです。

 

さらに、掌蹠膿疱症も併発しており、何がなんだかわからない、精神的にも苦しい日々が続きました。

 

買い物もろくに行けない状態が続き、もう限界だ。と思い、本気で治そうと立ち上がったのです。

 

そして現在は、アトピーだったのか?掌蹠膿疱症だったのか?というほど湿疹は綺麗に治り、まぶたの腫れもなくなり、人生をエンジョイしています。
何も気にすることなく、外へ出られるって本当に快適ですよ。

 

一人でも多くの方にアトピーを完治してもらいたいと思います。