アトピーの人は、白米の代わりにイモ類を食べましょう。
    

 

・・・・・
 干し芋 こんにゃく芋セラミド

アトピー 芋

・・・

・・・
イモ類は、アレルギーを起こしにくいのでおすすめです。

 

イモ類はリノール酸が極端に少ないので、主食にすると良いです。

 

アトピーの入院治療でも、芋芋芋芋芋・・・・・と嫌気がさすほど芋ばかり食べさせられるそうです。

 

蒸したり、煮たり、炒めたり、色々なレパートリーがあると思います。

 

種類としては、じゃがいも・さといも・さつまいもなどが使いやすいです。

 

一番よく使うのは、じゃがいもです。
長いもは触ると痒くなるのであまり使いません。
さといもも、ぬるぬる系の芋なので、痒くなり触れませんが、有機野菜のスーパーなどに行くと皮むき冷凍がありますので、それを使っています。

 

じゃがいも、さといも、さつまいもは発酵食品である味噌で煮込んでいます。
いわゆる味噌汁です。これに、芋中心に緑黄色野菜を入れて煮ます。
寒い日などは温まってほっこりしますよ。

 

じゃがいもは、粉ふきいもや、薄くスライスして塩コショウで炒めてチーズを乗せてたべたりもします。
チーズはあまりおすすめできないのですが、どうしても食べたいときだけ。
ほうれん草と炒めるのもおすすめです。
芋グラタンなんかもたまに作ります。
一番多く作るのは肉なしじゃがです。ちょっと悲しいですけど・・・。

 

おやつには、じゃがいもを細く切って自家製フライドポテトを作ることも多いです。
薄くスライスすれば、ポテトチップスも作れます。

アトピー 干し芋

・・・・・・
干し芋
・・・・・・
あと、おすすめは、カルピス社が出している干し芋。
カルピス社はアレルケアも出すなどアレルギーの人に優しいですね。

 

これ、おやつに最適な、さつまいもなんです。
スーパーにある中国産の芋じゃなくて、ちゃんと国内産の芋が使われているので安心です。

 

小腹がすいたときポリポリ食べます。

 

値段は激安!送料無料!メール便OK!
通常710円ですが、初回限定390円です。

アトピー こんにゃく芋セラミド

・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんにゃく芋セラミド
・・・・・・・・・・・・・・・・・
他には、こんにゃく芋から抽出したセラミドがおすすめです。

 

セラミドは、皮膚・肌のうるおいを保ち、外部からの刺激をバリアする機能を持っています。

 

こんにゃく芋は、セラミド量がダントツに多く、従来は米・小麦などから取れるセラミドがメインで商品化されていました。

 

最近では、こんにゃく芋を使ったセラミド商品が人気を呼んでいます。
特にアレルギーの方からの支持が高く、アトピーを治したいと購入される方が年々増えています。

 

アトピーの方からは「肌のごわごわ乾燥湿疹の減退」など多くの喜びの声が寄せられています。

 

こんにゃくも腸内環境を良くするのに良い食品ですし、芋もアレルギーを起こさないのでとてもおすすめです。

 


90粒 \3,380-