加工食品・添加物

アトピー 加工食品・添加物

もう言わなくてもお分かりになるでしょうけれど、加工食品や添加物は摂らないに越したことはありません。

 

今や、添加物の入っていないものは無いというくらい、ありとあらゆる食品に添加物が入っています。
たとえばお醤油や味噌、出汁の素、ソースやケチャップ、マヨネーズなど、アトピー治療を始める前は気にもしていなかったです。
減塩を買うという程度ですね。

 

代表的な加工食品と言えば、ラーメン。添加物の量も凄まじいです。
ラーメンが嫌いな日本人いるの?というくらい国民の定番メニューですね。

 

もう、どれくらいインスタントラーメン食べてないかな〜というくらい、食べていません。
でも、お店ではたまに食べることはあります。(完治後)

 

昔はスーパーへ行くたびに買っていた袋ラーメンやカップラーメン。
今はもう見向きもしなくなりました。

 

食べたいというより「怖い」という気持ちが優先してしまいます。

 

あとは、レトルト食品ですかね〜。
簡単に作れるカレーとか、回鍋肉、チンジャオロース、麻婆豆腐などもそうですね。

 

このあたりも完全に手作りで作るようになりました。
もちろん食べるのは週に1回程度です。(完治後)

 

カレーはもちろん、カレーライスではなくカレーうどんです。

 

食べたくて仕方なかったマックも我慢しました。
アトピーの治療を始める以前から、マックを食べるとキリキリした腹痛からはじまり、吐き気、めまい、動機に襲われ、気を失いそうになったことが何度かあります。
疲れているときや、何も食べなくてもこんな症状が数年に一度は起きていました。
だから疲れているときは絶対食べないようにしていました。

 

腸の弱っている人で、マックを食べると調子悪いとか、私と同じような症状が出ている人がいるようです。マックってやっぱ危険なんですかねー?ものすごくおいしいんですけどね。

 

今では自分でフライドポテトやハンバーガーを作って食べます。
マックのおいしさにはかないませんけど・・・。

 

たぶん食べても大丈夫だろうな〜とは思うんですけどね。やめてます。

 

今でもこうしてギリギリ我慢できるものは、できるだけ我慢するようにしています。

 

でも、どうしても加工食品になってしまうのが、出汁類・・・。
特に、お味噌汁なんて毎日のことですから、朝から鰹節削って〜昆布で出汁とって〜なんてできっこありません。

 

それに、アトピーの食事療法では和食が中心なので、出汁は絶対必要です。

 

なので無添加の合わせ出汁を使っています。

 

できればお味噌やお醤油も無添加がおすすめですが、私はスーパーで買えるものを使っていますよ。

 

肉、米、油、水など治療に最も重要なことは外せませんが、何もかも変えるわけにいきません。
無添加のものは、高かったり、自分で作るのには手間がかかったり、手湿疹が酷くて作りたくても作れなかったりしますからね。

 

優先順位を守って、あとはできる範囲で無理せず、継続することが大切です。