ビタミン&ミネラル

アトピー ビタミン&ミネラル

アトピー、掌蹠膿疱症の人は多くの場合、様々なビタミン・ミネラルが著しく欠乏しています。
中でもビオチンは、アトピー、掌蹠膿疱症の人にとって超重要なビタミンです。
・・・・・
ビタミンA ビタミンC ビタミンE ビタミンB(ビオチン) ミネラル(亜鉛) MSM

ビタミンA

・・・・・・・・・
ビタミンA
・・・・・・・・・
アトピーの人は、ビタミンAが不足しています。
ビタミンAは、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあるので、不足すると皮膚や粘膜の乾燥・抜け毛などを引き起こす恐れがあります。

 

ビタミンAは、活性酸素(有毒)から体を守る抗酸化作用や、免疫機能の増強・改善をする働きもあり、ガンのリスクも減ることが分かっています。

 

サプリメントで補う方法もありますが、ビタミンAは脂溶性であることから過剰摂取すると、体内に蓄積され、吐き気やめまいなどが起きることがあるので注意が必要です。

 

緑黄色野菜をしっかり食べることを前提に、ビタミンAのサプリメントの摂取量を守って服用するのがおすすめです。

 

ビタミンAは2種類あり、レチノールβカロチンがあります。
このうちβカロチンは、体内で必要な分だけがビタミンAになり、過剰摂取を防ぐことができます。

 

βカロチンの抗酸化作用により、ガンや生活習慣病の予防にも役立ちます。

 

ビタミンA(βカロチン)が含まれている食品は、かぼちゃ・にんじん・ピーマン・にら・こまつな・ほうれん草・しその葉・だいこん葉・かぶの葉・しゅんぎく・パセリ・モロヘイヤなど濃い色の野菜に含まれています。

 

できればビタミンの吸収を阻害する農薬が含まれない有機野菜がおすすめです。

ビタミンC

・・・・・・・・・
ビタミンC
・・・・・・・・・
アトピーの人は、ビタミンCが著しく不足しています。
ビタミンCは、強い抗酸化作用があり、体内でコラーゲン・ヒアルロン酸などを作る働きを助けるので、不足すると免疫力の低下や、真皮細胞の働きが悪くなり、アトピー特有の赤みの原因になったり、肌の潤いがなくなり、老化が進みます。

 

アトピーの人は、長期に渡り塗り薬を使って皮膚が薄くなっています。ビタミンCは、強い皮膚を作り、コラーゲン層を厚くして潤いを与えてくれます。

 

また、骨を作るのにはカルシウムとコラーゲンが大きく関係しており、不足すると歯茎からの出血や虫歯になります。
アトピーの人に虫歯が多いのは、ビタミンCの不足によるコラーゲンの生成がうまくできず、丈夫な骨を作ることができないからかもしれません。

 

ビタミンCは、水溶性のため、ちょっとしたことですぐに減少します。
例えば代表的なのが喫煙。ビックリしたり、ストレスを溜めたりしても、そのたびに減少します。

 

ビタミンCが多く含まれている食品は、パプリカ・ピーマン・ゆず・パセリ・レモン・アセロラなどです。
サラダなどで積極的に取りましょう。
ビタミンCは体内で生成することができないので、サプリメントとの併用がおすすめです。

 

ビタミンCを取ることで、アトピーの人は症状が驚くほど改善し、肌本来の透明感や美肌効果が期待できます。

 

ビタミンCは水溶性ですので、過剰摂取で問題が起きることはほぼありません。
実際、健康な人がサプリメントで摂取するのは1日1gですが、私は1日5g飲んでいました。
アトピーの人はそれほどにビタミンCが不足しているということですね。

 

完治した今も1日3g飲んでいます。

ビタミンE

・・・・・・・・・
ビタミンE
・・・・・・・・・
アトピーの人は、ビタミンEが不足しています。
ビタミンEは、抗酸化作用があり、不足すると体内の酸化が進み、皮膚、気管支などの細胞や粘膜で炎症を起こし、アトピーを悪化させる原因になります。

 

また、体内でコラーゲンを生成する手助けをする働きがあるので、不足すると肌のハリが失われ、老化が進んだり、冷え性などの血行不良を引き起こす恐れがあります。
私がいくらコラーゲンサプリを飲んでも効かなかった理由はビタミンEを飲んでいなかったからですね。

 

ビタミンEは、女性のビタミンとも呼ばれるほどで、ホルモンの分泌を促進する働きもあり、女性なら、生理痛、生理前のイライラなどの生理不順の改善や不妊治療にも役立ちます。

 

ビタミンEは、即効性はありませんが、体の内部からきちんと治したいなら取るべきビタミンです。

 

私も酷かった生理前の不快な症状、生理痛が嘘のように治まり、毎月痛み止めのためのナロンエースが欠かせませんでした。
生理が近づくたびに憂鬱になっていましたが、今は安心して過ごすことができます。
子供ができなかったのは、長期に渡るビタミンE不足が原因なのかもしれません。
アトピーが完治したのは30代半ばだったので、もう子供は諦めましたけどね。

 

ビタミンEは、副腎でステロイドホルモンを作る際にも必要なビタミンなので脱ステした方も摂取すべきです。

 

ビタミンEは、脂溶性なので、過剰摂取は控えなければいけませんが、実際はかなり多めに摂取しても問題ありません。

 

副作用の心配がない上限量は1日600mg〜800mg
健康な方の理想摂取量は1日8mg

 

100倍も差があるじゃないですか。
私は1日1,500mg飲んでいました。

 

ビタミンEが多く含まれている食品は、あんきも(あんこうの肝)・いくら・いわし・めんたいこ・モロヘイヤなどです。
食品からだけでは全然足りないので、サプリメントとの併用がおすすめです。

 

ビタミンB(ビオチン)

・・・・・・・・・・・・・・・・・
ビタミンB(ビオチン)
・・・・・・・・・・・・・・・・・
アトピー、掌蹠膿疱症の人は、ビオチンが著しく不足しています。
アトピー、掌蹠膿疱症の人に、最も重要なビタミンです。

 

日本ではビオチンがアトピー改善に注目され始めたのはわずか数年前。
しかし、アメリカでは20年以上も前から研究され、アトピー改善の実績もあり、栄養学的な解析は、ほぼ完了しているそうです。

 

ビオチンは、腸内で作られているビタミンB群の一種で、ビタミンHビタミンB7とも呼ばれ、健康な方はビオチンが不足することはありません。

 

アトピー、掌蹠膿疱症の人は、血液中のビオチン濃度が、健康な方に比べて著しく低い数値になっていることが多いそうです。

 

これは下のほうで説明しますが、アトピー、掌蹠膿疱症の人は、ビオチンを含めたビタミンB群を吸収しにくく、腸内でビオチンを作ることがほとんど出来ない体であるためです。

 

ビオチンが不足すると、免疫機能の低下や異常が生じ、皮膚や爪、骨などをうまく作ることが出来なくなり、皮膚のバリア機能が失われます。

 

じゃあ、ビオチンを摂取すればいいのかというと、ビオチンが含まれる食品は少ない上、食品からの摂取が難しく、その必要量は、健康な方でもレバー1キロといわれています。

 

レバーなどのビオチンを含む食品は、健康な方であれば、体内でビオチンへ代謝されます。
健康な方の場合、腸内でビオチニダーゼという酵素の働きによってたんぱく質と切り離され、初めてビオチンとして吸収されます。

 

しかし、アトピー、掌蹠膿疱症の人は腸内の有害菌を抑えてくれるアシドフィルス菌が、悪玉菌に押しやられて、腸内でビオチンを作ることが出来なくなっているので、いくらビオチンを含む食品を食べてもビオチンを増やすことはできないのです。

 

サプリメントは最初からビオチンになっているので、サプリメントから取れば腸内へ届きます。
ビオチンは水溶性のビタミンなので、1日2、3回に分けて飲みます。

 

ただ、重要なことは、腸内には、ビオチンを食べるフェーカリス菌も潜んでいます。
ビオチンだけを摂取しても、フェーカリス菌をどんどん増やしているのと同じで、悪循環になります。

 

そのため、ビオチンと一緒に必ず摂取しなければいけないのが整腸剤です。

 

整腸剤ならビオフェルミンSが有名ですが、ビオフェルミンSには、フェーカリス菌が入っています。
ビオフェルミンSは、健康な方、アトピーの方でも腸内でビオチンが正常に作られている、あるいは正常値に近い方には効果のあるものということになります。
これが私がビオフェルミンSが合わなかった理由だと思います。

 

実際、アトピーの人でビオフェルミンSで完治した方もいるのは事実ですし、何の変化もない、あるいは悪化した方がいることも事実です。
悪化の原因は、ビオフェルミンSに含まれているフェーカリス菌によるビオチンの激減だと思います。

 

掌蹠膿疱症の人がビオフェルミンで完治したという例はないようですし、ビオフェルミンはやめた方が良いという意見のほうが多いようです。
掌蹠膿疱症の人のビオチン欠乏は医学的にも明らかになっているので、別の整腸剤がおすすめです。

 

そこで、掌蹠膿疱症の人と、ビオフェルミンSで効果の無かったアトピーの方は、ミヤリサンを飲むことをおすすめします。

 

ミヤリサンは、ビオチンを大量に食べるフェーカリス菌や腸内の悪玉菌の繁殖を抑え腸内細菌のバランスを整えることができる整腸剤です。

 

必ずミヤリサンとビオチンはセットで飲むようにしてください。

 

効果が現れるまで良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、2、3ヶ月で徐々に膿疱が出なくなります。このときまだ異常な痒みはあります。
途中で症状が悪化したり、痒みが続いたりして、「やっぱりアトピー、掌蹠膿疱症が治るなんて夢のまた夢なのか」と不安になることもありましたが、私はどうしても治したかったので、諦めないで続けていると、半年くらいでかなり軽減。膿疱はほとんど見られなくなりました。

 

そしてさらに数ヶ月がたった頃には、完治したのだと実感しました。治療を始めてから約1年ですね。

 

ただし、掌蹠膿疱症を患っている人はこのままビオチン療法を続けます。
掌蹠膿疱症の人は、自覚症状が無くても骨に病変がある人がほとんどと言われているからです。
2年〜3年はビオチン療法を続けるべきだといわれています。

 

このビオチン療法は、栄養療法の病院でも行われている方法です。
市販のサプリメントを飲んで症状が軽減した方や、アトピーが完治した方もかなり多くいます。
諦めないで焦らず気長に続けてみてください。

 

ちなみにミヤリサンは、ドラッグストアに置いてないことが多いので、ネットで買うのが便利です。

ミネラル(亜鉛)

・・・・・・・・・・・・・
ミネラル(亜鉛)
・・・・・・・・・・・・・
アトピー、掌蹠膿疱症の人は亜鉛が不足しています。
亜鉛はミネラルの一種で、たんぱく質を分解する働きがあり、不足するとたんぱく質が消化できず、腸壁の傷から体内へ侵入します。
なぜアトピーなのかで書いたように、消化できないたんぱく質は、異物とみなされ攻撃する→アレルギー反応が起こる。という仕組みです。

 

また、亜鉛が不足しているアトピー、掌蹠膿疱症の人は、体内で活性酸素が大量発生し、炎症を起こします。
亜鉛は、活性酸素を除去する酵素(活性酸素除去酵素)を構成する重要な役割を果たしているため、不足すると慢性的な炎症が繰り返されることになります。

 

また、亜鉛は、細胞の再生や新陳代謝に欠かせないミネラルで、不足すると皮膚の再生能力が落ち、いつまでも炎症が治まりません。

 

亜鉛は健康な方であれば、食事からの摂取で不足することはないそうです。

 

国が定めている亜鉛の1日の上限摂取量は30mg
以前は健康な方の1日の上限摂取量は15mgでしたので、健康な方は1日15mgで十分かと思います。

 

しかしアトピー、掌蹠膿疱症の人は、亜鉛を多めに摂取しないと症状が改善されない傾向が強く、
1日80mg〜120mgを摂取しないと効果がないという研究結果も出ています。
実際私もサプリメントで50mg飲んでいました。
でも、1ヵ月くらいで吐き気等の副作用があったので、その後は15mgにしました。

 

健康な方の亜鉛の過剰摂取は、胃痛やめまい、吐き気などを起こす可能性があるので、アトピー、掌蹠膿疱症が改善に向かい始めたら、サプリメントは徐々に減らすなど、様子を見ながら加減するのが良いと思います。

 

亜鉛が含まれている食品は、カキ・にぼし・たらこ・しじみ・干ししいたけ・アーモンド・落花生・納豆などです。

 

亜鉛は野菜などからの自然のビタミンと一緒に摂取するとより有効で、ミネラルの吸収を阻害する農薬が含まれない有機野菜と一緒に取るのがおすすめです。
有機野菜は体に良い上、とってもおいしいので本当におすすめです。

ミネラル(MSM)

・・・・・・・・・・・・・・
ミネラル(MSM)
・・・・・・・・・・・・・・
アトピー、掌蹠膿疱症の人は、MSMが不足しています。
MSMとはサプリメントの名前で、極めて吸収率の高い硫黄を含んでおり、正式名称はメチルスルホニルメタンと言います。
分かりやすく言うと、メチルスルホニルメタン=有機硫黄=松の樹液です。

 

硫黄は全ての細胞に含まれているミネラルの一種で、体が正常に機能するために不可欠です。

 

硫黄は体内で酵素や抗体、抗酸化物質であるグルタチオン、軟骨、コラーゲンを作るのに必要なミネラルです。
硫黄を十分に摂取することで、髪の毛や皮膚、爪の生成に必要なたんぱく質を作ることができます。

 

また、強い皮膚を作るのにも非常に有効で、皮膚が薄くなっているアトピーの人に欠かせません。
薄くなった皮膚の層を厚くするための必須ミネラルです。

 

MSMには、関節炎・関節痛をやわらげる効果・傷の治りを早める効果・花粉症に伴うアレルギー性鼻炎の改善・抗酸化作用・抗炎症作用もあります。
ビタミンCと他のビタミン類&ミネラル類を一緒に取るのがより良いそうです。

 

MSMは効果が現れるのが非常に早いのが特徴で、私は飲み始めて3日目には効果がありました。

 

MSMを飲んでから、激しい痒みで掻いた手の平や指の傷、裂けたところが翌日には塞がるようになりました。
また、掻き毟って皮膚が破れることがびっくりするほど減りました。
始めのうちはガサガサして皮がぼろぼろ剥けますが、しだいに綺麗になっていきます。

 

マグカップや湯のみを持つのが熱くて無理でしたが、今では普通に持つことができます。

 

それから抜け毛!
シャンプー中や、お風呂から上がって髪を乾かすたびにブラシに付いた髪の毛をみて恐ろしかったのですが、これがピタリと治まったんです。
βカロテンでもある程度はおさまっていたのですが、いまひとつ足りない感じでした。
髪は女の命ですからね。とても嬉しかったですよ。
抜け毛が収まっただけでなく、ハリツヤも戻ってきました。

 

爪は、綺麗になるまで少し時間がかかりましたが、凸凹がなくなり甘皮も見えるようになりました。
久々に甘皮を見たときは嬉しかったですね。

 

人生を変えたいなら絶対に飲むべきサプリメントです。