お茶・コーヒー

アトピー お茶・コーヒー

アトピーの人は、お茶やコーヒーを飲んでも大丈夫?
・・・・・
お茶 コーヒー

アトピー お茶

・・・・・
お茶
・・・・・
お茶(茶葉)には、カテキン類・ ビタミンC・アミノ酸・カフェイン・ポリフェノールなどが含まれており、ポリフェノールは、抗酸化作用と抗アレルギー作用があります。

 

代表的な緑茶ウーロン茶をはじめとし、びわ茶ルイボスティプーアル茶どくだみ茶はとむぎ茶柿の葉茶ごぼう茶しそ茶シジュウム茶そば茶などがアトピーに有効です。

 

びわ茶・・・びわに含まれているアミグダリンには、解毒作用があり、新陳代謝を促進します。これにより美肌効果やアトピー改善に効果を発揮します。

 

ルイボスティ・・・ハーブティの一種で、抗酸化作用のあるフラボノイドが豊富に含まれています。活性酸素の働きにより、肌の老化を防ぎ、アトピーに効果があります。

 

どくだみ茶・・・利尿作用、便秘解消、消炎作用などがあり、アトピーに効果的です。

 

柿の葉茶(漢方茶)・・・ビタミンCが最も多く含まれています。熱調理によって壊れることもありません。

 

はとむぎ茶・・・肌をなめらかにする効果があります。シミやそばかすはもちろん、アトピーの改善に効果があることが分かっています。

 

ごぼう茶・・・食物繊維が非常に豊富です。便秘解消など腸内環境の正常化を助けます。

 

しそ茶・・・しそには、肌の粘膜や皮膚を正常に保つためのβカロテンや、痒みを緩和する抗ヒスタミンなどが豊富に含まれています。しそは、お茶だけでなくジュースでも同様の効果があります。

 

シジュウム茶・・・シジュウムの葉エキスは、ヒスタミンを抑制する働きがあるので、アトピー改善に効果があります。主に痒みや炎症に効果があります。

 

そば茶・・・そば茶には、ルチン、ミネラルが豊富で、美白効果があります。ルチンには、ビタミンCの吸収を助ける働きもあります。

 

これらのお茶は積極的に飲むことをおすすめします。
ウーロン茶で冷湿布を作ったり、お茶っぱを袋に入れてお風呂の入浴剤にしたりしている人もいます。

アトピー コーヒー

・・・・・・・・
コーヒー
・・・・・・・・
健康な方であれば、ブラックコーヒーを1日5、6杯以上飲むと、ガンになりにくいというデータが出ています。テレビなどでも最近話題になっていました。
ただし、タバコを吸うと効果なし。

 

うん。なんか良さそう。と思ってしまいますが、ここではアトピーとコーヒーの関係について説明します。

 

コーヒーには、大量のカフェインが含まれていることはご存知だと思います。
このカフェインが、アトピーに良くありません。

 

@カフェインは、アトピーの人が不足しているビタミン類を破壊します。
Aコーヒーには、アトピーの大敵である油分が多く含まれています。
B豆類に多く含まれるヒスタミンが、痒みを引き起こす可能性があります。
Cカフェインは、神経を興奮させる作用があるので、夜眠れなくなります。
D直接感じることはないですが、刺激に敏感なアトピーの人には、コーヒーの刺激が強すぎます。

 

いきなりコーヒーを断つのはむずかしいかもしれません。
私も、コーヒーが悪いと知るまでは1日5杯と言わず飲んでいました。

 

少しづつ、飲む量を減らしていって、完治したらまた思いっきり飲みましょう♪