メーカー別サプリメント比較

メーカー別サプリメント比較

サプリメントは、色々なメーカーから色々な種類のものが出ています。

 

有名メーカーのDHC・ネイチャーメイド・ディアナチュラ・NOW社のサプリを検証しました。

 

その結果完治させる為のサプリメントと量完治後も飲んでいるサプリと量に至りました。
・・・・・
DHC ネイチャーメイド ディアナチュラ NOW社

DHC

・・・・・
DHC
・・・・・
一番最初に試したのがDHCでした。
サプリ=DHCかな?という軽い気持ちからです。

 

紫蘇の実油のサプリメントはDHCしかないので、今でも紫蘇の実油のサプリメントはDHCで買います。
コンビニやドラッグストアに置いてないので、ネットから買っています。

あとは、ビタミンEコラーゲンをコスパと信用からDHCにしています。
 
ビタミンCはコスパが良くて、ある程度症状が改善するまではDHCを利用していました。
ある程度改善した後〜完治後は、無添加のディアナチュラで買っています。
 

ネイチャーメイド

・・・・・・・・・・・・・・
ネイチャーメイド
・・・・・・・・・・・・・・
ネイチャーメイドもCMなどで名前を耳にする機械が多かったので試しました。
内容とコスパが良いという点でおすすめできるメーカーです。

 

また、サプリメント先進国アメリカの薬剤師が、最もおすすめしているブランドでもあります。
アメリカ人の乱れた食生活のためのサプリメントで、アトピーの人に適していると言えます。

 

DHA/EPAのサプリがコスパが良く、粒も小さくて飲みやすいです。
臭いもそこまで酷くありません。
一気に2粒飲むと気持ち悪いときもあるので、1日2粒にし、昼食後1粒、晩御飯後1粒にしています。

マルチビタミン&ミネラルと、ビタミンB群βカロテンスーパーカルシウムは、少し大きくて飲みずらいものもありますが、ネイチャーメイドで購入しています。
   
内容とコスパのバランスが良いのがネイチャーメイドという感じです。種類も豊富です。

ディアナチュラ

・・・・・・・・・・・・・
ディアナチュラ
・・・・・・・・・・・・・
唯一?無添加のサプリ。
でもコスパがあまり良くないので、完治後にチョイスするのがおすすめです。
私は継続して大量に飲むビタミンC亜鉛だけディアナチュラです。
 
ビタミンCは、ディアナチュラの他のサプリに比べると少しだけ大きいですが、ディアナチュラのサプリは、全体的にかなり小さいものが多く、常に飲みやすいです。
ちなみに亜鉛は、最終的にはマルチビタミン&ミネラルに含まれているものだけで良くなりました。

 

金銭面に余裕のある方はできるだけディアナチュラがおすすめですが、サプリの種類が少ないです。
無添加の弱みでしょうか。

NOW社

・・・・・・・
NOW社
・・・・・・・
NOW社の名前はあまり馴染みのない方が多いと思います。
アメリカロサンゼルスにある会社です。

 

日本のサプリとは、定められている1日の摂取量が違うので、コスパが非常に良いです。
でも、サプリがでかい!アメリカサイズです。
飲みずらいサプリもあります。

 

コスパが良かったのでDHA/EPAを買ったのですが、酸化している可能性が高く、めちゃ臭いです。
魚の生臭さというか、漁港の臭いというか、とにかく臭すぎます。

 

しかもでかすぎで、小指くらいの大きさのカプセルに驚きました。
あまりの臭さに私は食後全て吐き戻しました。

 

でも、DHA/EPAは必須サプリなので外すわけにもいかず、サプリを飲み始めた頃に頼んでいたネイチャーメイドのDHA/EPAに戻しました。

 

以来、NOW社のサプリはビオチン亜鉛MSMにしました。
国内のサプリには、ビオチン、MSMが無く、亜鉛はコスパが酷いので・・・。
    
完治後は、ビオチンとMSMをNOW社で買っています。
MSM、ビオチン、亜鉛は臭みもないです。

 

ビオチンとMSMは少しカプセルが大きめですが、慣れれば、すんなり飲めます。
ビオチンは2本セットを買うと4ヶ月くらい持つので助かります。

 

NOW社の亜鉛はコスパが最高で、1粒50mgも入っています。
日本で定められている1日の摂取量上限は15mg〜30mg。
日本のサプリは1粒15mgが平均なので、NOW社の亜鉛はアトピーの人には嬉しい限りです。
ただ、私の場合、そこまで亜鉛不足ではなかったようで、過剰摂取になっていたみたいで吐き気がしました。
途中からディアナチュラの亜鉛(1粒14mg)に変えたら吐き気はしなくなりました。

 

NOW社のサプリはロスから送られてきますので、注文して届くまで10日くらいかかります。
サプリが無くなる前に早めに注文しないといけません。

 

サプリの種類は多いですが、英語表記なので購入前の日本語ページでよく確認を。