馬油

アトピー 馬油

アトピーのガザガザ肌に、昔から馬油を塗ることは結構有名です。

 

馬油は人間の脂肪とよく似た成分のため、お肌との相性が良く、副作用もありません。
お肌に素早く浸透し、しっとり。(^ー^)パリパリとつっぱるアトピー肌にすごく潤いを与えてくれます。

 

やけど、肌荒れ、ひび、あか切れ、切り傷、痔などの薬としても昔から利用されています。
髪の毛に付けるタイプのものもありますね。

 

漢方外来でもアトピーやニキビのなどの治療薬としても処方されたり、薬局にも置いてありますね。

 

アトピーなどの痒みを抑える効果もあるので、塗り薬の代わりになって大変重宝します。

 

お風呂上りに塗るのがおすすめです。

 

馬油は全身に安心して使うことができるので、一つ持っておくと良いです。

 

こすらず、そーっと塗り伸ばすと良いですよ。

 

馬油の浸透力は超強力
馬油は、油なので触るととてもべたべたしていて、こんなの塗って大丈夫かな?と思うかもしれませんが、肌に塗るとあら不思議。さらさらになります。これは、馬油の超強力な浸透力にあります。
皮膚の隙間に浸透し、潤いが満たされている証拠です。

 

馬油は抗酸化作用・殺菌作用がある
馬油は塗ったらすぐに広がり、皮膚の表面に油膜を作ります。
これにより、外部の刺激をシャットアウトし、浸透する際に内部の空気を追い出す働きがあるので、酸化を防ぐことができるのです。

 

馬油は抗炎症作用・熱を取ってくれる
もともと馬油は、抗炎症作用があることから昔の人に愛用されてきました。
中でもやけどには馬油と言われており、すばやく炎症を沈め、熱を取り去ってくれます。

 

馬油は血液循環を促進
馬油は非常に伸びが良く、小指の爪ほどの量で腕一本保湿できるほどです。
広範囲にすばやく浸透するため、血液循環を促進するマッサージ効果が得られるのです。

 

馬油は副作用がない
馬油は食べられるんです。馬の肉を食べるのですから、当然馬油は食べられます。
副作用も全く無いので皮膚科の先生もおすすめしています。

 

馬油 馬油 ハンドクリーム 馬油 石鹸

 

 

225ml ¥3,150−
北海道の純馬油。人気商品です。


45g ¥205ー
コスパ◎ケンコーコムで買えます。


25g×5種 ¥715−
馬油と自然素材でできた石鹸です。

 

外からのケアはサブ的な存在ですが、アトピーが重度の方で、皮膚科の薬を使いたくない方は、外からのケアもかなり重要です。

 

皮膚科の薬を使っている人でも、薬の量が減るかもしれませんし、本当に1つは持っていて欲しいアイテムです。

 

少しでも痒みやパリパリ感を軽くして、少しでも快適に過ごしたいなら馬油は必須アイテムです。

 

皮膚科でもらう塗り薬は、いつまでもべたべたしていて、塗るとテカテカしたりしますが、馬油は塗るとさらさらになり、テカテカもしないのでおすすめです。

 

あまりにもガサガサで割れたりしているときは、ラップを巻くのもおすすめです。

 

布の手袋はひっかかるし、ビニール手袋は蒸れすぎて痒くなるので、部分的に巻けるラップが快適。

 

ビニール手袋の先を切ってもいいけど、すぐ脱げちゃうので、やっぱりラップ。

 

見た目はおかしいけど、割れによる痛みや乾燥などの辛さからは解放されます。