乳酸菌・乳製品

アトピー 乳酸菌

乳酸菌は腸内環境を整えるため、アトピー、掌蹠膿疱症の人に必須です。
・・・・・
ビオフェルミンS ミヤリサン 乳酸菌を食品から摂取する ヨーグルト 乳製品

ビオフェルミンS

・・・・・・・・・・・・・・
ビオフェルミンS
・・・・・・・・・・・・・・
整腸剤として、最も知名度のあるビオフェルミンSは、多くのアトピーの方から良いという意見が出ています。
ビオフェルミンSを飲んだだけで、アトピーが完治した方や、何を食べても大丈夫になった。という方は少なくありません。

 

一方で、何の変化も見られない方や、便が硬くなった、下痢になった、アトピーが悪化したなどの意見もあります。
私もビオフェルミンが合わなかった一人です。

 

なぜ合わないのか。
ビオフェルミンの成分を見てください。

 

ビフィズス菌・・・主に大腸にすみつき、乳酸と酢酸をつくり、整腸効果を高めます。
フェーカリス菌・・・主に小腸にすみつき、すばやく増えて乱れた腸内菌叢を整えます。
アシドフィルス菌・・・主に小腸にすみつき、乳酸を多くつくり、有害菌を抑えます。

 

ビオフェルミンに含まれているフェーカリス菌は、アトピー、掌蹠膿疱症の人に最も不足しているビオチンを餌として増えます。初めからビオチン不足に陥っているアトピー、掌蹠膿疱症の人が、ビオフェルミンを服用すると、ビオチンは減少の一途をたどるというわけです。

 

アトピー、掌蹠膿疱症の完治には、ビオチンが不可欠です。
ビオフェルミンに含まれるフェーカリス菌は、その大事なビオチンをどんどん減らすことになるので、症状が悪化するのです。
また、ビオチンを一緒に摂取することで、フェーカリス菌はどんどん増加し、悪循環になるのです。

 

逆にビオフェルミンでアトピーが完治した方は一体なぜか。
これは私の推測に過ぎませんが、アトピーの人のほとんどが、ビオチンが著しく欠乏していると言われていますが、中にはビオチン濃度が正常なアトピーの方もいるのかもしれません。
その場合は腸壁の傷を治し、腸内環境を整えるビオフェルミンを飲むことでアトピーが完治したのかもしれません。

 

しかし、掌蹠膿疱症の人のビオフェルミン服用は、おすすめできないとの意見が多く、医学的にも掌蹠膿疱症の人のビオチン濃度は著しく低いことが分かっています。
ですので、掌蹠膿疱症の人はビオフェルミンが合わない場合が多いのだと思います。

 

ビオチンについては、ビタミン&ミネラルもご覧ください。

ミヤリサン

・・・・・・・・・・・・・・
ミヤリサン
・・・・・・・・・・・・・・
ミヤリサンは、同じ整腸剤でもビオフェルミンとは少しタイプが違います。

 

ミヤリサンは腸内で宮入菌ビタミンB群を生産し有益菌(ビフィズス菌・乳酸菌)の発育を助けます。

 

宮入菌・・・有益菌(ビフィズス菌・乳酸菌)の働きを高め、有害菌(悪玉菌)の働きを抑えます。
ビタミンB群・・・アトピー、掌蹠膿疱症の人に不可欠なビタミンです。

 

ミヤリサンは、ビオチンを大量に食べるフェーカリス菌や腸内の悪玉菌の繁殖を抑え、腸内細菌のバランスを整えることができる整腸剤です。

 

なので、ビオチンと一緒に取ることで腸内環境は劇的に良くなりアトピー、掌蹠膿疱症の完治へと繋がります。

 

私も結局のところ、ビオチンとミヤリサンによる治療が一番効果がありました。

 

必ずビオチンとミヤリサンはセットで飲むようにしてください。

 

私の場合は効果が出るのに1ヶ月くらいで、早かったですが、通常は2、3ヶ月かかる方が多いそうです。

 

その他の必要なビタミンやミネラル、食事療法などと一緒に進めていくとより早い改善・完治が見込めると思いますよ。

 

ちなみにミヤリサンは、ドラッグストアに置いてないことが多いので、ネットで買うのが便利です。

 

ビオチンについては、ビタミン&ミネラルもご覧ください。

乳酸菌を食品から摂取する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
乳酸菌を食品から摂取する
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サプリメントに頼らずに乳酸菌を食事・食品から摂取できれば言うことはありませんね。

 

乳酸菌を多く含み、生きた乳酸菌が腸へ届く食品を積極的に取りましょう。

 

市販の乳酸菌食品は避けるべきとの意見もありますが、私の場合は納豆を1日1個食べると非常にお通じが良くなったのでおすすめしておきます。
ちなみに、カビに対するアレルギー反応のある方は、チーズ・納豆・ヨーグルト・きのこなどの発酵食品、菌類は絶対にやめたほうが良いです。
食べた瞬間にアトピーが出る可能性もあるからです。

 

乳酸菌には、納豆・ぬか漬・味噌・キムチなどがありますが、中でもぬか漬けは乳酸菌を多く含んでいます。日本人には日本食が合っていますから、昔からある納豆や味噌・ぬか漬は特におすすめです。

 

私もぬか漬は大好きで、放っておくと、いつまでもぬか漬を食べてしまいます・・・。

 

料理が得意な方は、自分でぬか漬けを作るとより安全でおいしく食べることができますね。

 

ポイントは、これらの食品を食後に食べる。ということです。

 

これらの食品を食前に食べてしまっては、せっかくの生きた乳酸菌が腸へ届く前に空腹時に出ている胃液でやられてしまい、腸へ届かなくなります。
朝なら、朝起きてコップ一杯の水を飲み、腸が活動をスタートさせてから食べましょう。

 

私は毎食後(昼・夜)に納豆・ぬか漬けを欠かさず食べていました。
どちらも大好きなので苦になることもなく続けられ、これは今でもやっている食事療法の1つです。
キムチも大好き!食事に乳酸菌を取り入れることは、非常に大切です。

 

軽度のアトピーならビオチンの入っているマルチビタミン&ミネラルと食品からの乳酸菌摂取+水+食事療法で症状が改善するかもしれません。

 

食事の取り方・食事メニュー・完治後も飲んでいるサプリと量については食事療法とはをご覧ください。

ヨーグルト

・・・・・・・・・
ヨーグルト
・・・・・・・・・
ヨーグルトは乳製品の1種ですが、整腸剤の1種でもあるので、あえて項目を設けました。

 

日本では、現在約7500種類のヨーグルトが出回っています。
ヨーグルトは、商品によってその菌の種類が違います。
1日約200g、1週間〜10日間食べ続けて、体の調子、アトピーが良くなってきたらその菌(ヨーグルト)が合っているそうです。

 

色々なヨーグルトを試した結果、私はLGG タカナシが合っていたみたいです。

 

アレルケアはヨーグルトではないのですが、アレルギーに効果があったという実験結果も出ており、かなり評判が良いので紹介しておきます。

 

おすすめ順に5種類程ピックアップしてみました。色々試してみてください。

 

タカナシ LGG… アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の抑制効果
タカナシ LGGのレビューを見る

 

L-92乳酸菌(カルピス アレルケア ヨーグルト)… 花粉症・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎の症状を緩和
L-92乳酸菌ヨーグルトのレビューを見る

 

L-92乳酸菌(カルピス アレルケア ドリンク)… 花粉症・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎の症状を緩和
L-92乳酸菌ドリンクのレビューを見る

 

ビフィズス菌LKM512(メイトーおなかにおいしいヨーグルト)… アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の抑制効果
ビフィズス菌LKM512のレビューを見る

 

1073R-1乳酸菌(明治ヨーグルトR-1)… 免疫機能の活性効果
1073R-1乳酸菌のレビューを見る

乳製品

・・・・・・・・・
乳製品
・・・・・・・・・
乳製品は、不飽和脂肪酸や動物性の脂肪が含まれているため、アトピー重症化の原因になります。

 

バターチーズ牛乳などは控えるようにしましょう。

 

牛乳
牛乳なんか飲んでもカルシウムは摂れません。牛乳の90%は水です。
カルシウムが摂れるどころか、牛乳は動物性たんぱく質なので、アレルギー反応が起きる原因にもなります。

 

牛乳には乳糖が含まれており、この乳糖を分解するのには酵素が必要です。
この酵素を作ることができる人は、日本人の5%〜15%だそうです。
つまりほとんどの日本人は、乳糖を分解できないのです。乳糖は下痢の原因です。

 

日本人とは食文化の異なるヨーロッパ人は昔昔からの酪農民族。
そのため乳糖を分解できる小腸が、長い歴史の中で形成されていったのです。
農耕民族の日本人が牛乳を飲み始めたのは戦後なので、乳糖を分解できる小腸が形成されている人が極めて少ないのです。

 

チーズ
最も恐ろしいのは「とろけるチーズ」
成分の約半分が油脂でできています。つまり、チーズは半分しか入っていないのです。

 

私は食事療法中も時々(多いときで月2、3回くらい)ですが、チーズは食べていました。
どうしてもチーズがやめられなかったんです。
ピザトーストに乗せて食べるのが好きです。食パンは卵やマーガリンが入ってないものを使います。

 

チーズや乳製品を食べて即アトピー反応がない人は、たまになら食べてもOKだと私は判断してます。
短期間でばちーっと治したいなら絶対食べないほうがいいですが、私は結構気長にやってました。
あまり、ストレスになるのも良くないので。

 

でも、カビに対するアレルギー反応のある方は、チーズ・納豆・ヨーグルト・きのこなどの発酵食品、菌類は絶対にやめたほうが良いです。
食べた瞬間にアトピーが出る可能性もあるからです。

 

マーガリンショートニングに 含まれるトランス脂肪酸も、不飽和脂肪酸と同じで、活性酸素と結びつきの強い過酸化脂質ですので食べないようにしてください。